トップページ > 拝観案内

拝観案内

DSCN3946.jpg

10年ほど以前、境内は12月初・中旬まで紅葉に彩られていたものですが、5年ほど前から落葉期が早まり、近年では、12月まで葉を付けている木は、たいへん少なくなってしまいました。

今年も、ここ2、3日でかなり落葉が進みました。昨年と比べても、数日は早いかと思います。すっかり見通しが良くなった境内ですが、しかし、まだまだ見所は残っています。

特に、お茶席が開かれている標月亭(含空院庭園)のモミジは紅葉が遅く、今ようやく見頃となってきたところです。お茶席(お一人500円)は 11/27 まで開設しています。

また、世継観音御開帳、井伊家霊廟公開、紅葉ライトアップ、共に 11/27 まで催行いたします。

本年の見納め、どうぞ永源寺へお参り下さい。

 

 

DSCN3950.jpg

 開山堂前

 

 

DSCN3981.jpg

 

DSCN3954.jpg

標月亭(含空院庭園)

 

・世継観音御開帳

子授けの観音さまとして親しまれている、本尊秘仏観世音菩薩。

平成元年以来、28年ぶりとなる御開帳は、連日大勢の方々にお参りをいただいています。

江戸期には、各地に出開帳を行ったという記録もありますが、近年は大きな行事に併せての開帳のみ。次回はまだまだ先の話となります。

11/27 まで、残す所あと三日、どうぞこの機を逃さず、ご参拝下さい。

  

DSCN3983.jpg

_DSF1876.jpg

山の天気は移ろいやすく、なかなか安定しません。

美しい彩りのモミジも、雨が降ると瞬く間に散ってしまいます。

永源寺の紅葉は落葉期に入り、色づきの早い木から葉を落とし始めています。

 

今年の観楓期もあと少しとなりました。

・本尊世継観音御開帳

・井伊家霊廟特別公開

・含空院庭園特別公開(お茶席)

・紅葉ライトアップ(夜間のご参拝)

いずれも、今月末の日曜日 11/27 までとなります。

どちら様に於かれましても、どうぞお早いご参拝をお勧めいたします。

 

 

 

_DSF1870.jpg

_DSF1879.jpg

_DSF1880.jpg

_DSF1882.jpg

_DSF1886.jpg

H28.11.14 紅葉の状況 (見頃)

DSCN3824.jpg

境内は紅に染まりました。

永源寺のモミジは、今一番の見頃をむかえています。

 

DSCN3806.jpg

DSCN3816.jpg

DSCN3819.jpg

DSCN3834.jpg

DSCN3853.jpg

DSCN3863.jpg

DSCN3875.jpg

H28.11.11 紅葉の状況 (見頃)

DSCN3779.jpg

連日冷え込みが続き、永源寺の紅葉は日に日に色づきを増しており、すでに十分見頃にさしかかっています。

今週末から来週にかけてが、最も美しい頃かと思います。

 

DSCN3769.jpg

DSCN3784.jpg

DSCN3789.jpg

DSCN3787.jpg

DSCN3799.jpg

 

 

◆世継観音御開帳

本年は、開山正燈国師650年遠諱をむかえ、11/27までの間、本尊の御開帳を行っています。実に28年ぶりの開帳となります。

DSCN3801.jpg

DSCN3803.jpg

 正面のお厨子の中におられる観音坐像の頭の上、丸い窓の中に一寸五分ほどの小さな観音像が納められています。

その小さな像が、開山 正燈国師が永源寺山中で見つけ、寺にお迎えされた霊像と伝えられています。

特に世継ぎ、子授けに大きな霊験があり、近年も、お礼参りにこられる方は、枚挙に暇がないほどであります。

 

 

 

◆井伊直興公墓所 公開

御開帳に併せ、今年300回忌を迎える、彦根藩4代目藩主 井伊直興公の墓所も特別に公開しています。

場所は、表看門(料金所)の手前、左側の石段を登り、地蔵尊を通り過ぎた所です。(入山料、拝観料ともに要りません)

DSCN3775.jpg

DSCN3776.jpg

DSCN3777.jpg

入って手前右側が直興公の墓塔です。奥は公の側室の塔です。