トップページ > 拝観案内

拝観案内

観楓情報 5 (冬支度)

R0011571.jpg  

 開山堂前

 

 

11/26、27日の全国的な風雨によって、永源寺の楓も多くが散ってしまいました。

明るくなった境内には、紅葉の遅い樹の幾つかが、鮮やかに最後の彩りを魅せています。

 

 R0011589.jpg

 鐘楼

 

 

 

R0011617.jpg

 境内(法堂前)

 

今年の紅葉期は、例年より一週間以上早く訪れ、過ぎました。

期間が早まったことにより、多くの木がさまざまに紅葉し、まさしく「色とりどり」の美しさをみせました。

しかし、天候にはあまり恵まれず、強い風と雨によって、色づいた後の落葉が早く、期間・全山通しての彩りは、少々寂しい年であったかもしれません。

紅葉は自然の恵み、其の時折々の顔があり、それがまた良い物です。

来年は一体どんな表情を見せてくれるのでしょうか。

 

永源寺の山は冬支度に入りました。

今年の仕舞いモミジを、あと暫しご堪能ください。

 

 

R0011600.jpg

標月亭

 

●標月亭お抹茶処は、12/2 まで開いています。

 9:00 から 17:00 まで、一席500円です。

  R0011602.jpg

 標月から

 

 

R0011607.jpg

  標月から

 

 

R0011681.jpg

 ライトアップ(11/28)

 

●境内ライトアップは、今月11/30まで、残りあとわずかです。

 

 

R0011591.jpg

境内(法堂前)

観楓情報 4

 R0011419.jpg

 裏参道と含空院

 

  

 

永源寺の紅葉は落葉期に入っています。この三連休辺りが一番の色付きかと思われます。

見納め前にぜひお詣りください。

 

 

 

R0011429.jpg

 方丈前

 

   

R0011417.jpg

 境内(納骨堂前)

 

 R0011423.jpg

 含空院

 

 

R0011437.jpg

 法堂

 

 

 R0011424.jpg

境内(回廊から)

 

 

 R0011444.jpg

 境内(法堂前)

 

 

 

 

 

観楓情報 3 ―紅葉、ピークです―

R0011352.jpg

山門から

 

永源寺の紅葉は、ピーク期に入りました。

連日の冷え込みによって、例年よりかなり早めの色付きとなりました。

強風や雨天が続いたためか、落葉の始まっている木も見かけられます。

ただただ、天候が安定することを願うばかりです。

 

R0011359.jpg

方丈前

 

R0011365.jpg

法堂前

 

R0011386.jpg

裏看門『黄金のモミジ』

 

R0011391.jpg

裏関門から

 

R0011369.jpg

境内

 

〈記〉

11/30まで、毎夜紅葉をライトアップしています。(閉門20:30)

17日、23日、24日の夜には、ミニ・コンサートも開かれます。

また、土、日、祝日の18:00より、体験坐禅会も行います。

ライトアップされた紅葉は、昼間とはまた違った顔を見せてくれます。

夜間たいへん冷え込みます。お出かけの際は暖かくしてお参りください。

 

本日、11/11 のライトアップは、

低気圧による悪天候のため、

誠に勝手ながら中止させていただきます

このため、本日の閉門は 17:00 となります。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承くださいますようお願いいたします。

明日からは通常どおりのライトアップとなります。

よろしくお願いいたします。

観楓情報 2

  R0011314.jpg

 

 

 

11月に入ってから、夜間の冷え込みが深まり、境内のカエデは日々みるみる色づきを増しています。

入口料金所付近、境内裏看門付近の紅葉は、最盛期間近です。

  

 

また、明日11/10より紅葉のライトアップが開始されます。

期間中は夜間も20:30まで拝観できます。昼間とはまた趣の違った紅葉をお楽しみください。

(ライトアップ期間は11/30までです。)

(20:30消灯・閉門となっております。ご了承ください)

 

 

 

R0011317.jpg

 

法堂前、写真は二日前(11/7)のもの。現在はもっと色づいています。 

 

 

 

 R0011327.jpg

 

開山堂前「開山御手植の楓」 今年も美しく色づいています。

 

 

 

 R0011335.jpg

 

 山門から入口の方を向いて。紅葉のトンネルもさらに色づいています。

 

 

 

 R0011346.jpg

 

入口売店付近から、眼下に音無川(愛知川《えちがわ》)を望んで