トップページ > 拝観案内

拝観案内

DSCN1183sm.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

10月30日(土)から11月28日(日)まで、
含空院庭園の特別拝観を行っています。
含空院は永源寺境内奥にあり、歴代住職の居所となっています。
本堂からお庭を眺め、一杯のお抹茶とともに暮れ行く秋をお楽しみください。
拝観料は一名様500円です。

  DSCN1273sm.jpg 

 

  11月23日の写真です。 

DSCN1274sm.jpg

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

庭園右側のカエデが色づいてきました。このカエデは、境内の中でも遅くから紅葉が始まる木の一つです。

 

 

夜間ライトアップ中止について

毎年11月中旬より夜間ライトアップを行っておりましたが、

本年は事情により中止させて頂きます。尚、午後5時まで開門しております。

紅葉状況

11月19日(金)紅葉状況

境内全体見ごろになっております。

 P1010211.JPG

                                                                         (法堂付近)

  

特別公開の含空院庭園も見ごろです。

P1010213.JPG

                            (含空院庭園)

 

紅葉状況

11月15日(月)紅葉状況

午前中、あいにくの雨模様でしたが、雨の紅葉も趣があり良いものです。

 

 P1010204.JPG

  P1010205.JPG

  P1010207.JPG

 

 

 

 

 

 

紅葉状況

11月13日(土)紅葉状況

境内全体見頃になっています

 

納骨堂付近

 

  開山堂付近

紅葉状況

 11月6日(土)の紅葉状況

 開山堂付近及び山門付近が紅葉が綺麗です。

 

開山お手植え紅葉付近

 

 

鐘楼付近

紅葉状況

 紅葉状況

 段々と赤く染まってまいりました。

   開山堂付近

 

 

 本堂付近

 お勧め時間帯

朝9:30まで・・・空気が澄んでいる時間帯ですので、気持よく参拝できます。

夕方4時前後・・・夕日が紅葉にあたり、大変綺麗です。

 

含空院庭園特別拝観のご案内

10月30日より11月28日まで含空院庭園を特別公開致します。

拝観料は500円(お菓子、お抹茶付き)です。

 

 P1010187.JPG

 

含空院は永和3年(1377)考槃庵(こうはんあん)として建立。

足利義持公が来山されたとき、含空院と改められました。

創建当時の建物は永禄6年(1563)の兵火で焼失。

現在の建物は正保4年(1647)如雪文岩禅師によって再興されました。

P1010188.JPG

 

 庭園内の紅葉は少し色づき始めました。